2018/03/05

障がい児の親のケア

 
syogai1

障がいを持って生まれた子供の育児・療育は、障がいの程度や種類によって千差万別にあり、親たちは時に翻弄します。

悩み、不安、怒り、悲しみ、落ち込み・・・様々な感情を味わい葛藤の中にあります。

障がいのある子を育てるということは、当事者にしかわからないことであり、育てる中で精神的に強くならざるを得ないことの連続です。

 

ですが・・・

 

デリケートな子を育てるということは、同じように親自身が感受性を高く研ぎ澄まされ、デリケートになっているということなのです。(それを忘れてしまいがち…)

何気ない他者の言葉に傷ついた経験はありませんか?

「私が頑張らなくてはいけない」と思い過ぎていませんか?

 

aviのスタッフは、アロマセラピーを通し、障がいを持つ子の親のケアをピアケアで行っていきます。

※ピアケア:同じ立場の者が行うケア

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です